自分へのご褒美のはずが逆に肩こり

マッサージというと、体をほぐしてもらって心身共にリラックスするために行くものですよね。
私も、仕事や育児で究極に疲れたときには、全身マッサージ40分、60分コースをお願いしに行ったことがあるのですが、上手でないマッサージ師さんにあたってしまうと逆に疲れてしまうという経験があります。
まず、力の弱い女性のマッサージ。お店の雰囲気はアジアンテイストでアロマを焚いていて薄暗く、うっかりと眠ってしまいそうなほどきれいなのですが、マッサージの手に力がこもっていなくて、8割9割撫でているだけという感じのマッサージにはがっかりです。
こちらとしては、しっかり指圧してほぐしてほしいのですが、うつぶせになった背中にタオルをかけて上下になでる動作がやたら多いと手を抜いているなという印象を受けてしまします。くすぐったいマッサージ、へたくそでツボからずれたマッサージでは逆に力が入って肩や背中が凝って疲れてしまいます。
その他、マッサージの前に機械的なものを使う時間が長い店舗にもがっかりです。せっかくの60分コースなのに、こちらが希望していない足湯を用意され、それに最初の15分ほどを使われた日には、”こんなの家でできるからいらないのに・・・”と内心思っています。きちんとお金を払ってコースを選択しているのですから、60分なら60分、手技によるマッサージをきちんと提供してほしいと思います。それか、事前に60分のうち15分は足湯と表記しておくべきです。
こういったマッサージ店は医療保険が使える店舗ではなく、完全実費になるお店ばかり。60分受けると4000円とかかかってしまうのだから、本当、きちんと仕事してほしいと思います。

ホームに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です